スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しくプレイしているゲーム群2017夏

07 16, 2017
○Bloons TD5
20170711191258_1.jpg 


タワーディフェンスゲームの中でも有名なBloons TDのsteam版です。
過去にFLASH版をプレイしたこともあり、シンプルなゲーム性・かわいいキャラクター・風船をぷちぷち割る快感などとても楽しかったことを覚えています。
FLASH、steamの差はほぼないと思います。
あるとすれば、ゲームをクリアするとアップグレードや特殊キャラを購入するためのコインが手に入ることでしょうか。


○DEAD RIGING 3
20170714152347_1.jpg 
 ※画像の中央にいる人はプレイヤーキャラクターです。


あいかわらずのゾンビ無双ゲーム。
ノーマルの難易度だとサイコやボスキャラが前作よりも易しくなった印象です。
武器をその場で作れるようになったことは良いけれど、組み合わせのレシピがたくさんありすぎて覚えきれないです。いちいち確認しながら作ってます。
動きがもっさりしているように感じるのは次に紹介するDying Lightをプレイしてしまった影響でしょうか……。パルクールが遅い!
とはいえ、大量のゾンビをなぎ倒すゲームに変わりはなく、ロードローラーとバイクを組み合わせたアレがお気に入りです。


○Dying Light
20170621151820_1.jpg 
 

最初はパルクール(自分の身ひとつで障害物などを乗り越え目的へ到達する移動手段)とかアクション性が高くて難しそうなゲームだなーと感じていましたが、慣れやレベルが上がるごとに便利な能力を習得するごとにこれなしではいられないほどの手段となっています。
画像にもあるようにパルクールを駆使すればこのようなふざけた場所へも。
ゾンビがたくさんいますがこのゲームではなるべく戦わず避ける感覚です。
ゾンビ一体一体がやたら強い。夜の敵が強すぎて怖くて夜歩けない。武器が壊れやすい(後半では素材や修理道具が大量にストックできてしまうので気にならなくなります。)
要所要所で戦い、クエストを受注するだけでもそれなりに経験値はたまりました。

スポンサーサイト

PC不調の件(決着?)

07 15, 2017
一年前の今頃、PCがたびたび突然の再起動をしていましたが今季一度もトラブルが起きていないことを報告します。
今年の四月にCPUファンをリテールからCooler MasterのHyper TX3 EVOに取り換え、グラフィックボードは安売りしていたGTX1050を導入しました。
アイドル状態のCPUの温度は環境温度32度くらいで変更前50度前後、変更後40度前後なので±10℃の差となっています。
あの再起動問題は暑い夏に頻繁に発生していたこと、負荷のかかりやすいゲーム等をやるとかならず発生していたことを踏まえるとCPUの熱暴走が原因なのだと推測します。


報告

12 22, 2016
そういえばマイPC不調の件について。
結局原因がわからないまま暑い季節がすぎて寒くなるとともに不具合は消えてしまいました。
PC電源は前記事の宣言通り購入はしたものの、不具合が起きないことから予備として保管しています。
利用中の電源をえらく悪者にしてしまいましたが本当は信じています。そりゃあ買ってから1年ちょっとで壊れてほしくないですよ!
熱が原因だとすればCPU、マザーボード、メモリ、電源、HDDなどのハードウェア関係の熱暴走になるのかなあ。

前回から今回までの間に購入したものの中で楽しかったゲームの名をあげる記事

12 17, 2016
Dungeon Warfare
TD系のゲームは基本的に好きです。プチプチをつぶす感覚に似ているんですよね。
大量にやってくる敵をまとめて倒すときは心が踊ります。

・Starbound
テラリアっぽいゲーム。テラリアよりも冒険、探索、戦闘味が濃いかんじ。

・THE WALKING DEAD
記憶を消してまたストーリーを楽しみたい。

自作の大塵芥

09 18, 2016
やあ (´・ω・`)
ようこそ、くそ電源の世界へ。
この赤ゴムはサービスだから、すぐには捨てずに落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、この電源を購入したとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、この電源を世に送り出したんだ。

じゃあ、次の注文を聞こうか。



もう、「次」なんてありません!!!

前回の記事の通り、自作PCの不調は一時的な回復でしかありませんでした。
無線lanの新調はシャットダウン時のブルースクリーンを解消する解決策となりましたが、突然にPCが停電したようにシャットダウンして再起動する現象はそのままです。
システムエラーが起きたときに自動的に再起動するチェックを外したものの、例のぶつ切り停電が発生するのでおそらくソフトの問題ではなくハードの問題だろうと確信しました。
CPUやメモリ、SSD、HDDに特に異常はないことはわかっているつもりです。簡易的だけどチェックして一応問題ないことは証明したし。
見落としがちなUSBまわり(帯電していないか、物理的に損傷していないか、USBの差し込みがゆるくないか)のチェック、マザーボードとパーツの配線は緩んでおらずしっかりと接合されているかなどのチェックも通過済み。
残るはマザーボードか電源。そういえばいつのまにか電源から「ピー」or「キーン」という音がするようになりましたねぇ。
音が鳴るだけでしたらただうるさいだけで性能に問題なしという事らしいのですが、購入してから大体一年たらずでこうなるとは随分音を上げるのが早いんですねー。
この電源について詳しく調べてみると低品質で評判の良くない話がちらほら。まず購入するときにこういうことを調べるものなのですが、当時はそこまですることはなくリリース情報を鵜呑みにしすぎました。
ちなみにこの記事を書いているうちに一回ぶつ切りシャットダウンが発生しています。もういやだこの現象。
早いうちに良い電源を購入して様子を見てみたいと思います。(予算的にNeoECO Classic NE550Cあたり)
プロフィール

まるまるハイム

Author:まるまるハイム
昔、ROのfenrirサーバーで殴りクリエイターを中心にプレイしてブログをつづっていました。
現在はPCゲームに関する雑記を雑にゆっくり記しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。